【実践】頭がいい子のリビングには必ず「辞書」「地図」「図鑑」がある

実践

こんにちは!

本日は『頭がいい子のリビングには必ず「辞書」「地図」「図鑑」がある』を実践した結果を報告します。

息子現在1歳2か月、実践したこと。

英語を勉強する女の子のイラスト

本書の内容では、辞書・地図・図鑑をリビングの見えるところに常に置いておき、テレビや会話で出た内容を調べるというものです。

1歳2か月の息子に対して、今まで実践したことは以下の通りです。

・5カ月くらいから地球儀を置いていた
・生まれてすぐから様々な絵本の読み聞かせをし、興味がある車に特化した絵本をよく読むように
・1歳の誕生日に「新自動車100点」と「世界のクルマ大百科」という自の図鑑を与えた
ちなみに、辞書はまだ与えていないです。

結果。車を15点ほど覚えた!

・地球儀はすぐに食べて壊された笑
・車がとにかく好きで、車の本を「読んで読んで」とせがんでくるようになった
・図鑑に載っているトミカを与えていたら、写真を見てそのトミカを持ってくるようになった
息子は本当に車が好きで、気づいたらタイヤがついたおもちゃで遊んでいたり、支援センターに行っても車のおもちゃでばかり遊んだりでした。そこで、私の主人がトミカを毎月息子に1つずつ買い与えており、家の中は車のおもちゃだらけです。
すっかり車好きに育った息子の1歳の誕生日には、車図鑑を2冊与えました。
そのうち読むかなーくらいに思っていたのですが、その日から毎日息子は図鑑を「ん!」と持ってきて、読めとせがんできました。
また、その図鑑に載っている車のおもちゃを意識して購入するようにし「このおもちゃと、この写真は同じはしご消防車だよ」など教えていました。
すると、1歳2か月のある日、いつもの通り図鑑を読んであげていると、写真を見るなりそのおもちゃを持ってくるようになりました!
ためしにすべて並べて、写真を指してみると、家にあるおもちゃのほとんどを認識して持ってきてくれました。その数15種類以上!
はしご車・救急車・パトロールカー・バス・油圧ショベル・フォークリフト・ロードローラー・オフロードダンプ・メルセデスベンツGクラス・ランボルギーニウルス・アヴェンタドールSVJ・シボレーカマロ・スビートテール・日産GTR・シボレーカマロなど…

まとめ

・辞書、地図、図鑑のうち、1歳から図鑑だけ与えている
・車の図鑑にめちゃめちゃハマっている
・併せておもちゃも与えていたら、15点ほど車の名前を覚えていた
あんまり教育ママになりすぎて子供の興味を奪いたくないので、辞書とか地図はもうちょっとあとでもいいかなと思っていますが、「好き」を伸ばすにしても図鑑を買い与えるのはいいなーと思いました。
以上です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました