【魔法の抱っこでいっぱつ!】赤ちゃんがすぐに泣きやみグッスリ寝てくれる本

赤ちゃんがすぐに泣きやみグッスリ寝てくれる本 まとめ ネントレ




こんにちは!

本日は、カリスマ助産師トコちゃん先生の「赤ちゃんがすぐに泣きやみグッスリ寝てくれる本」を紹介します。

本書では、赤ちゃんを子宮の中にいたときの”まんまる姿勢”であやしたり、寝かし付けたりする方法を教えてくれます。この方法だとスーッと簡単に赤ちゃんが安心するのだそうです。

それでは内容をみてみましょう。

まんまるで快適に

首の据わっていない生後数か月の赤ちゃんは、実は「快適な状態」であればほとんど泣かず、一日中寝ています。(ポリネシアの島では、赤ちゃんは一日の合計でわずか6分しか泣かないそうです)

では、どのような状態だと「快適な状態」と言えるのか、それは”まんまる”の姿勢にすることです。
”まんまる”は胎児が子宮にいたときの姿勢。この背中をCの形にした状態が最も落ち着く状態です。

子宮の中の胎児

赤ちゃんの背骨の発達ですが、生まれて間もなく、少なくとも首が据わるまではC字型が基本で、10歳ごろにかけて徐々にS字型に成長していきます。とはいえ、1歳未満であれば、背骨全体がC字を描くようにカーブしていくのが自然ですので、まんまる抱っこで寝かせるのが良いです。

オインク
オインク

そうはいっても、姿勢が悪くなったり、発達が遅くなったりしない?

 

丸く寝かせると…
・呼吸がしやすい
・向き癖がなくなり、ゆがみができない
・寝るべき時期に寝て、背中の丸みを保つことで身体能力が高くなる
と良いこと尽くめなのです。

まんまるの実践

【まんまる抱っこ】

まんまる抱っこ

1.全身を丸く(正面から見て背中がカーブしていること)
2.手足を伸ばさない
3.ねじらない(顔・胸・おへそ・足がまっすぐで曲がらない)
赤ちゃんが泣いて、背中が反り返っているときなどは、軽くスクワットして上下に揺らし緊張を解いてあげましょう。
【まんまる寝床】
下のようなまんまるの姿勢をキープできる寝床があると便利ですが、ない場合は自分でも作ることができます。


【授乳クッションを使う場合】
まんまる寝床
1.ベビー布団などの上に授乳クッションを置く
2.丸めたバスタオルを端側に置く
3.その上にバスタオルを乗せ、真ん中を凹ませ赤ちゃんをのせる
【座布団や毛布を使う場合】
まんまる寝床2
1.座布団などを二つに折り、凹型にセット
2.その上にバスタオルを置く
3.赤ちゃんを谷の部分に寝かせる
オインク
オインク

そのほか、「おひなまき」や「スリング」も便利よ!

おくるみを巻いて寝かせると、背中スイッチが発動しにくく、モロー反射も抑えられるので何度も起きなくなります!


まとめ

・赤ちゃんが自然で落ち着く体勢は子宮の中と同じ環境
・それに近いのが、背中をC字にした「まんまる」の姿勢
・まんまる抱っこ、まんまる寝床で赤ちゃんを快適状態に

今回紹介した抱っこや寝床の作り方はほんの一例で、本書には他にも

・泣いて反り返った背中を丸める方法
・ソッコーで泣き止むベビー体操
・その他のまんまる寝床の作り方
・首を守る首枕の作り方
・スリングの使い方、おひなまきのやり方
・成長を促す遊びとケア
などが載っています。気になる方はぜひご購入ください。

また、実践した内容はこちらの記事です。併せてご覧ください。




コメント

タイトルとURLをコピーしました